美濃市に住んで働くメリット

田舎暮らしはしてみたいけど思いきれない…
林業に携わってみたいけど田舎暮らしはちょっと…
という方に美濃市はオススメです!森林にも街にも近いちょうどいい場所なのです!

自然に囲まれた環境で森林とふれあい、のんびり、のびのーび子育て、都会にはない静けさを利用して仕事の効率もUP!
休日は森林浴や趣味に集中でき、自由に過ごすには最適です。

そんな自然豊かな美濃市に今、林業の担い手不足が深刻となっています。ですが、手入れが必要な森林はまだまだあります。
一緒に美濃市の森を守り、育て、活用するお手伝いをしてくださる「森の担い手」を募集しています。

住みよいまち美濃市の魅力

子育て

★出産祝金有り・児童手当有り
★病児、病後児保育制度有り
★美濃市は待機児童ほぼ0
★中学生まで医療費無料
★高校生まで入院費無料
★自然体験が豊富にでき、感受性豊かに

生 活

★名古屋駅から車で1時間
★富山県から車で2時間半
★東京から車で4時間半
★生活に欠かせない施設
コンビニ、スーパー、銀行、郵便局、病院、学校、保育園、こども園、森の幼稚園

レジャー

★アウトドアに最適な山と川
トレイルランニング、ヒルクライム、登山、ボルダリング、ハイキング、キャンプ、川遊び、アユ釣り、ラフティング、カヌー
★自然体験や木育体験ができる施設
morinos」※別リンクへ移動
みの木工工房 FUKUBE」※別リンクへ移動

美濃市の概要

 美濃市は、日本の中央に位置し、天下の名川長良川や緑濃い山々など豊かな自然と1300年の伝統を誇る「美濃和紙」、中心市街地には、江戸時代に築かれた伝統的な建造物が多く残り、歴史的景観が保たれるなど伝統文化が息づくまちです。
 市内には、美濃和紙の里会館や、江戸時代から明治・大正時代の歴史的建造物が建ち並ぶ「うだつの上がる町並み(国重要伝統的建造物群保存地区)」などがあり、年間を通じて多くの観光客が訪れています。また、毎年開催される美濃和紙あかりアート展は、「美濃和紙」と「うだつの上がる町並み」のコラボレーションとして、数多くの独創的なあかりの作品が展示され、幻想的な世界が醸し出されます。
 一方、東海北陸自動車道と東海環状自動車道の結節点として、市の玄関口である美濃インター周辺は、区画整理事業や大型店舗の進出で変貌しつつあります。

 美濃市は、歴史・文化の活用や、都市・生活基盤の整備を進めるとともに、健康寿命の延伸や子育て支援などにも積極的に取り組むことで、将来に希望を持ち、自己の夢の実現に向けて挑戦することができる、『一人ひとりが挑戦 夢かなえるまち』を目指し、未来志向のまちづくりを推進しています。

美濃市の歴史

 1600年関ヶ原合戦の功により徳川家康からこの地を拝領した金森長近は、長良川畔に小倉山城を築城。1606年頃に現在の町割りが完成しました。また、長近は長良川に上有知湊(こうずちみなと)を開き、経済の発展を目指しました。金森長近没後の1615年に尾張藩領となりましたが、上有知湊は船運による物資集散の拠点として和紙を中心とした経済活動が進み、商業都市として繁栄しました。
 1911年4月1日、それまでの地名「上有知(こうずち)町」は、美濃紙にちなんで「美濃町」に改名しました。
 1954年4月1日、武儀郡美濃町、洲原村、下牧村、上牧村、大矢田村、藍見村、中有知村の1町6村が合併して美濃市が成立しました。

美濃市公式HPはこちら
美濃市観光協会HPはこちら